医療と介護の連携と関係する求人

医療保険と介護保険は、共通してサービス提供を行う場合があり、関係する人材を求人する場合があります。特に多いのは訪問看護師で、しかも医療機関で一定程度以上働いたことのある人材を求めるケースが圧倒的に多いです。また、これ以外にも医療機関で医療事務を行いさらに福祉の分野でも事務に精通した人材を求めることもあります。これは、両方に関係するような事業において、それぞれの制度をよく理解していないと対応が出来ない場合があるためです。これまでは管理者などがその都度確認をしながら対応に当たるのが常でした。しかしながら、管理者は他にもやらなければならないことが多いために、専門の人材の雇用を行うわけです。このように徐々に役割分担を勧めていく流れが出来、そのための人材確保が急務となっています。

請求関係の事務は専門の事務の人に任せる傾向

医療も介護も公的保険で、それぞれ請求を行うものですが専門の人材の求人を行う流れが出来ています。それぞれに事務の資格が出来、ある程度の知識を有する人材の確保が進んでいます。ただし、中小企業などが運営をするところでは、まだまだ人材の確保が厳しい場合も多いです。それでも役割分担をしないと特定の人材に仕事が偏る傾向が顕著になってきていて対応がしきれなくなりつつあります。こうしたことから徐々に事務職などの雇用で対応をせざるを得ない状況に陥ってきているわけです。民間資格ではありますが、ある程度の知識を有する目安としてのものが存在するようになったため、これを参考にした雇用を行うところが増えています。今後、医療も福祉もそれぞれにおいて役割分担を図る動きが加速するとみられています。

専門職の雇用による連携の問題と解決

法律が施行されて制度がスタートしたのが平成12年4月のことでした。以降、医療と介護の連携はその都度図られてきましたが、日々の業務に追われて専門で対応をする人の確保が厳しい面があったわけです。しかしながら、ある程度の役割分担をしなければ制度の複雑化に対応出来なくなっています。そのため、求人では経験者の中にこうした連携について経験を有する人材を求める動きが出ています。看護師などでもそうした動きがある他、管理者などの経験者もまたケアマネジャーなども連携に強い人材がいるために、上手く調整を行っていくことが出来る人材が育っています。こうした人材をヘッドハンティングするなどの動きや、あるいはいったん定年退職などをした人を雇用するなどの動きが出てきているわけです。