ベテランの介護職員における求人

経験豊富すなわちベテランの介護職員を求める傾向が強くなっていて、求人でもそうした内容のものが出される傾向が強くなっています。資格を有することはもちろんのこと、それだけではなく経験年数や職責なども含めた総合的に使える人材を求める傾向が一段と強くなってきている状態です。これは、現場での人材不足もさることながら、未経験者などへの指導なども含めて、しっかりとした対応が出来るように組織力を強化したいと考える事業所が増えてきたことを意味します。そのため、単なるスタッフとしてでは無く、そうしたスタッフを取りまとめるような人材を求めてきている状態です。組織全体の力を強化するためには、現場職を束ねるような有力な人材の確保が必要不可欠であることを、運営法人はよく分かっています。

経験年数と保有する資格で考慮すること

経験年数は、介護職の場合において非常に重宝するため、求人においても最低年数を明記する傾向が出ています。たとえ資格がちょっと物足りなくても、この経験年数でカバー出来る場合が多いためです。たとえばヘルパー事業所などではサービス提供責任者を配置しなければなりませんが、実務者研修資格取得者で対応をする場合でも、経験年数を重視した対応をとることがおおいのは、この経験の差で対応がある程度出来るためです。このことを運営する法人はよく分かっています。したがって、保有する資格は最低限求められているものであっても構わず、むしろ残りの部分を実務経験でカバーすることで組織を回せるようにしていくことになります。こうした観点で事業所は人材の確保を行うことがよくあります。

実務経験と資格とのミックスでより優秀な人材の確保を行うこと

資格だけではなかなか上手くいかないのが介護の仕事で、求人でも最低限求めるけれども、それ以上に実務経験の豊富さで判断をすることが多くあります。また、その実務経験が求められる場面において、今までの経験を踏まえたところの確認をする場合も多いです。面接時などにおいて、その苦労した部分を語らせたりしますが、そのことは経験の豊富さを活かした対応が出来ていたかどうかを見極める主旨で用いられます。実務経験と法制度上において求められる資格とを総合的にミックスした人物評価を行うわけです。こうした人材は他の事業所でも引く手あまたですから、場合によっては他の法人にヘッドハンティングを受けたりもしますので、処遇の良さなどの他にも働きやすさなどの改善とアピールが重要になってくると言えます。